先日、ブログを読んでくださった方から、「みゅう」と「みにみゅう」の違いが、
わからない・・・と、質問がありました。

「みゅう」も「みにみゅう」も、保護猫のシェルターですが、
「みゅう」の猫達は、高齢だったり、どうしても家ネコに不適格な猫達。

「みにみゅう」は、里親募集できる猫。
「みゅう」は、里親募集は厳しい猫。

本当は、もっと時間をかけて家猫修行すれば、里親募集できたのかもしれません。
今の、高齢になってしまった「みゅう」の猫達を保護した頃の私達には、
時間も、場所も、知恵も無かったな〜〜と・・・当時は、それが精一杯でした。

一度は、里親が決まっても、出戻ってきた猫とかもいます。

「みゅう」の猫達は、TNR活動によって捕獲し、手術のあと、
元の場所に戻すことが、いろいろな事情で、難しいと判断し、
保護猫になりました。

4年前までは、「空き家組」と「事務所組」で、分かれて生活していたので、
初めは、派閥抗争とか心配していましたが、なんとか仲良く暮らしています。

日々の世話は、数人で交代ですが、昨年秋より、期待のエース Kさんが、
来てくれて、すっごく助かっています。
Kさん、いつもありがとう‼︎

誰も、触ることができない、後ろ脚が、1本しかない〈みづき〉
仔猫の時に、外での虐待で、後ろ脚を1本切断されてしまいました。

人間が、怖いのか、人の居るときは、なかなか姿を見せなかったのですが、
Kさんが、来てくれるようになって、あまり隠れなくなりました。
Kさんは、触ることもできます。
凄いです‼︎

2014-03-24-17-45-20

明日も、続きます。😺