あの震災から、3年が経ちました。
どんどん記憶から薄れて 、3月11日にだけ、
思い出す程度になってしまうかもしれません。

でも、被災地の動物達の状況は、あの日から、あまり変わっていません。
特に、福島第一原発 帰宅困難区域内では、まだまだ、人も動物達も苦しんでいます。

「みにみゅう」ブログ担当の U です。  
私は福島県の出身です。

今日は、この場所を借りて、
福島の被災動物ボランティアさんを、紹介させてください。
恥ずかしい事に、私には、本当の今の、福島の事はよくわかりません。

それでも、福島の被災動物達の事が、どうしても気になってしまい、
(時間があれば、本当は跳んで行って、動物達のために何かしたい‼︎)
今の自分にできること、を考え続けていますが、
自分の仕事、家族の事、保護猫の事、里親募集の猫の事、保護予定の外の猫、
なかなか現地へ行って、ボランティアすることはできないのが現状です。
私と同じように思っている方は、少なくないと思います。

それなら、福島の被災動物ボランティアさんを、少しでも支援したいと思い、
調べると、すごくたくさんの、福島被災動物ボランティアがありました。
どこへ支援したらいいのか、どう支援したらいいのか悩みました。

そして、私と同じ会津若松の出身、自分たちの足元の犬と猫の救済を、
地道に続けている「犬班 A 」さんを知りました。

今日は、この場所を借りて、紹介させていただきたいと思います。
犬班Aさんが、(ハンドルネームは、犬班ですが、犬と生活するのは初めてだそう)
「hibiさん」と「まるこさん」と3人で、福猫舎(ふくねこや と読みます)
というシェルターを郡山市で開設されて、1年になりました。


福猫舎の保護犬 ちびちゃん
画像1

コツコツと、自分たちのできることをされています。
私がいろいろ延べるより、是非、ブログを 訪問してみてください。

福猫舎のブログ
http://ameblo.jp/311fukunekoya/

そして、ブログ管理人 (犬班Aさん)個人のブログ

http://inuhan.blog.fc2.com/

それから、福猫舎から保護猫を預かり、里親探しをされている、
福島県出身者の猫ボランティアさん達(チーム福猫)のブログ
http://fukuneko311.blog.fc2.com/


福猫舎の猫たち  みんなヒーターの前を陣取ってます 。
可愛いね‼︎
画像1
 

今日は、「みにみゅう」の記事ではなかったですが、
最後まで、読んでくださってありがとうございました。 
あの日から、もう3年なのか、まだ3年なのか・・・。

まだまだ、苦しんでいる動物達のこと・・少しだけ知っていて欲しいです。