みにみゅう 猫の飼い主さん募集中 

   
  見つめ合って、ふれあって、強い絆の家族になる!
  中央区の猫ボランティアさんの活動紹介と、飼い主さん募集中の猫ちゃんたちと出会える
  定期開催の「猫のミニミニ譲渡会」紹介サイトです。

2014年06月

昨日の、猫の熱中症について、続きです。
今日は、予防と対処方法です。

【予防】
☆  風通しを良くして、部屋の温度、湿度に気をつける(28度以上、湿度60%以上は危険)
☆  猫が涼しい場所に、自由に移動できるようにする
☆  水を数ヶ所に、たっぷりと置く
☆  ケージの場合は、クールマットなどを利用する

【外出時】
☆  キャリーケースを置く場所は、直射日光を避ける
☆  車中に長い時間、置くことは避ける
☆  車中でも、換気に気をつける

★ 熱中症は、命にかかわります。
万が一、熱中症の症状が出てしまったときは・・・。

【対処方法】
☆  冷水で濡らしたタオルで包む
☆  保冷剤をタオルで包んで、首周り、脇の下、内股などに挟む
☆  水を飲ませて水分補給する
☆  以上は、あくまで応急処置なので、一刻も早く動物病院へ
 
★  飼い主さん共々、熱中症対策をしっかりして、よい夏をお過ごしくださいね。😊 


昨年、熱中症かも・・・ということで、
「みゅう」から「みにみゅう」へ引っ越した〈チコ〉
2014-02-12-17-11-43
 
その後、検査も問題無く、元気になって仮病疑惑浮上😁
 2014-02-07-17-42-31
でも、もう15才を過ぎているので、体調管理はしっかりとしてあげたいです。

毎日、蒸し暑い日が続きますね。😅

この時期になると毎年「思い出したくないけれど、忘れてはいけない事」
が、私にはあります。(そういう事は、結構あります😣)

8年ほど前、私の無知の為「熱中症」で、仔猫を死なせてしまいました。

毎年、毎年、その子の供養のように、みんなに「熱中症」の怖さを話します。
自分への、戒めであります。

【症状】
☆  ハアハアと、苦しそうな呼吸
☆  ヨダレを垂らす
☆  目の充血
☆  フラフラして倒れる
☆  嘔吐、下痢

悪化すると
☆  失神、筋肉の痙攣
☆  吐血、血便、血尿

最悪
☆  ショック状態で、死に至る

【熱中症になりやすい猫】
☆  肥満気味の猫
☆  仔猫、老猫
☆  心臓や呼吸器が弱い猫
☆  長毛猫
☆  猫種として、ペルシャ、ノルウェージャン
メインクーン、アメリカンショートヘア など

★明日は、予防や対処方法について書きます。

 熱中症とは関係ありませんが、
里親募集中の仔猫です!
猫仲間が、保護しています。
 2014-06-19-18-01-10
仮 名 :マコト君
毛並み :キジ白
性 別 :オス
年 齢 :2ヶ月
猫エイズ:陰性
白血病 :陰性
★  譲渡会は、お休みしていますので、預かり宅で、お見合いできます!
よろしくお願いします。😺
 2014-05-22-19-55-29
兄弟の、クロ猫〈セツコちゃん〉は、里親さんが決まりました。😊

★仔猫のお問い合わせは、代表への電話 又は 「みにみゅう」へのメールでお願いします。 

「ミニミニ譲渡会」を、お休みしている みにみゅう ですが、
たくさんの方から、心配や、励ましのメールをいただいています。

卒業生〈ミッキー君〉の里親さんから、先輩猫〈ガッちゃん〉とのシンクロ写真。
2014-05-14-17-35-06
親子のようですね。☺️

何度も言いますが、私達のような、小さなグループを応援してくださる方が、
いてくれることが、本当に嬉しく、励みになっています。

同じく〈ミッキー君〉と、モフモフ先輩猫〈ポー君〉
2014-05-09-09-55-08

こうして、卒業生の里親さんからの写真や、メールをもらうと、とても嬉しいです❗️

2014-05-08-15-11-05

期待に応えることが、できているかどうかは、わかりませんが、
無理せず、自分達のできることを、地道に続けていこうと思います。

卒業生の里親さん、楽しいメールや、写真、待ってますね〜〜。
ブログで、紹介したいです! 😃

今日6月27日は「松本サリン事件」から20年というニュースをやっていました。

その、9ヶ月後「地下鉄サリン事件」が、起こります。

当時、地下鉄で通勤して、ニュースでよく映る、築地駅で降りて、
職場へ行っていました。
image
その頃 愛猫〈ナオ〉は、まだ6ヶ月くらいの仔猫。
(この写真は、大人猫になってからのです)

その日は、めずらしく〈ナオ〉の体調が悪くて、心配だったので、
いつもより、10分くらい遅くなってしまいました。

私の乗った電車は、いつもの駅の、2つ前の駅で止まり、理由もわからず、
いつ動くかもわからないというので、降りて歩き始めました。

ヘリコプターが飛び、救急車が走って、尋常ではないと思いましたが、
私は、無事に職場へ着き、事の次第を知って驚きました。

あの日、いつもと同じ時間に、電車に乗っていたら・・・。
〈ナオ〉が、助けてくれたと、思っています。

猫って、そういう不思議なこと、ありませんか?

同じような話があって、朝 外の猫に、ご飯をあげている人の話。

いつも、必ず来る猫が、その日に限って来なく、心配だったので、
職場へ1時間遅れると電話し、やっと来た猫にご飯をあげていて、
事件に巻き込まれずに済んだそうです。

いつも、一緒に出勤していた友人は、事件に巻き込まれてしまい、
今も、後遺症に苦しんでいるとか・・・。

ニュースで、サリン事件を放送していたので、ふと思い出しました。

これも、全部 偶然なのでしょうが、猫好きって、猫が助けてくれた!
とか思いたいのですよね。

みなさんは、猫に関わる不思議な事は、ありますか?


何でも、お見通しのような〈ナミちゃん〉
いったい、何才なのでしょうか?
2014-06-24-16-27-48
気の強い〈くらら〉も恐がる〈ナミちゃん〉
 撫でると、ゴロゴロして、人は好きらしいですよ。😁

昨日の、猫の生まれ変わり についての記事に、少し続きがあります。

〈ナオ〉が、5年3ヶ月前に 虹の橋へ向ってから、今の猫達の中で、
私の、いちばんの相棒は〈くらら〉メス 推定13才くらい
2014-01-08-18-15-43
保護したときに、もう大人猫だったので、正確な年齢はわかりません。

とても、気が強くて、気まぐれで、まさに猫の性格。
そろそろ、シニア猫の入り口です。

〈くらら〉は、あるエサ場に突然現れ、慣れていたので、保護されました。

美人猫なので、飼いたいと申し出てくれた方は、数人いたそうですが、
家に入れると、別猫のように凶暴になってしまい、みなさん、持て余していました。

いろいろな家を経て「みにみゅう」へ・・・そして、ウチに来ました。
ウチでも、他の猫と、折り合いがつくまでは、時間がかかりましたが、
年齢を重ねて、少し丸くなった〈くらら〉です。
image

生まれ変わり から、話が逸れてしまいましたね。😅
 
ウチの、できた猫〈小次郎〉が〈ナオ〉の生まれ変わりかも・・・と。
生まれ変わり というより、自分の変わりとして、ウチへ派遣😅してくれたような気がします。
image

〈ナオ〉の命日は、私が忘れないように、でしょうか、私の誕生日と同じです。
その3ヶ月後、月齢3ヶ月くらいの〈小次郎〉が、ウチに来ました。

「みにみゅう」近所の、猫はいないはずの場所に、突然現れました。

普通なら、里親に出しているはずなのに、何故かウチに居ます。
仔猫でウチに来て、未だに居るのは〈小次郎〉だけです。

〈ナオ〉とは、性格も、毛色も、全然違うけど〈小次郎〉には、
当時、いろいろ助けてもらいました。
そして、今も助けてもらっています。

おそらく、全部 偶然なのでしょうが、情けない飼い主の為に、
〈ナオ〉が、私の元へ送り出してくれた 猫のような気がしています。

最愛の猫や、犬を亡くし、失意の底にいる方も、私のように思える日が必ず来ます! 
そして、その子への愛を、少しづつ新しい子に分けてあげてください。
虹の橋で待っている子達は、きっとそれを願っていると思います。

私も、いつか、虹の橋で〈ナオ〉に逢えるのを楽しみに、日々 頑張ります。

このページのトップヘ