みにみゅう 猫の飼い主さん募集中 

   
  見つめ合って、ふれあって、強い絆の家族になる!
  中央区の猫ボランティアさんの活動紹介と、飼い主さん募集中の猫ちゃんたちと出会える
  定期開催の「猫のミニミニ譲渡会」紹介サイトです。

2016年03月

FIP(猫 伝染性腹膜炎)
(伝染性…という名前がついてますが、現在は伝染性では無い事が証明されてます)

何度か、ブログでも紹介していますが、とても 憎い、悔しい、悲しい 病気です。

どんな猫でも持っているコロナウィルスが、なんらかの原因によって猫の体内で突然変異して、引き起こされる病気です。

1才半くらいまでの若い猫と、10才以上くらいの高齢猫に 多いといわれていて、免疫力が低下しているときに発生する率が高いようです。

症状の現れは、一定の法則がある訳ではなく、進行も早かったり、数が月かけて ゆっくりだったり…

食欲不振、呼吸が荒くなった、目が濁る、足元がおぼつかない、痩せてきた…
いろんな症状から発症しますので、異常があったら、病院へ行ってください。

現在では、効果的な治療法は無く、対処療法しかありませんが、少しでも症状を緩和してあげることが大切と思います。

最終的には、ほとんどが、助かることのない 恐ろしい病気です。

諦めず、治療法や、新薬の研究をしている獣医さん達がいますので、1日でも早くFIPの治療法が開発されることを、願ってやみません。


猫仲間の保護猫〈ジルくん〉の眠る動物霊園の桜

image

先週と、先々週 この 憎い 憎い 病気で、虹の橋へ旅立った猫たちがいます。

みにみゅうの卒業生…〈アツシくん〉〈ヒメちゃん〉〈ジルくん〉




image
〈アツシくん〉は、進行の早い ウェットタイプ でした。




image
〈ヒメちゃん〉は、ゆっくり進行の ドライタイプでした。 

幸せな生活をしていた猫たちです。
なぜ…どうして…本当に、憎い、悔しい、悲しいです。

猫の脱走…他人事ではありません。

いままで猫の脱走は、いろんな場所で、いろいろな事例がありました。

やっと調子が戻ってきた〈トミーくん〉
image
兄さん猫に甘えてます。

image

〈トミーくん〉のように、無事に保護できた場合だけではありません。

行方不明になってしまった猫…
残念ながら…命を落としてしまった猫…



★ 破れたり、外れかかっていた網戸から


すごく多い例です。
最悪なのは高層マンションのベランダから落下…
5階以上は、助からないと思ってください。

戸建てや、マンションでも3階くらいまでの場合は、落ちて本人もびっくりして、隠れている場合が多いです。 怪我していることが多く、遠くまでは行けないと思います。



★ 玄関から出て行ってしまった

飼い主が帰ってきたとき足元に居て、外へ出てしまったり…
足元にいることに気づかずに、入れ違いになってしまったり…
玄関口を開けて、立ち話をしていて、うっかり…

玄関ドアにサンダルが挟まって、その隙間から外へ出てしまった例もあります。



★ お風呂場の窓から

お風呂場の窓は、換気の為に開けていることが多く、小さな窓でも、猫なら簡単に出ることができます。

お風呂場の窓から、脱走した猫の捜索は2~3度あります。



★ 移動中のキャリーバッグが壊れてしまった

動物病院などへ行くとき、キャリーバッグが壊れていたり…

自転車に乗せたたりしたとき、落として壊れてしまい、猫が逃げてしまったり…

キャリーバッグに入れるとき、先ずは洗濯ネットに入れると安心です。
病院での診察も便利ですね。



★ 引越しなど、日常と違うときに驚いて


今回の〈トミーくん〉ゲージから、キャリーバッグに移そうと思ったときに驚いて、引越し屋さんが、出入りしていた玄関から脱走しました。

来客、大掃除、リフォーム などのときは要注意です。


以上が、私達の経験した事例です。
どんなアクシデントがあるか わかりませんので、どうか慎重に対応してください。

そして、万が一のときは、必ず連絡してくださいね!


捜索の仕方など、以前にも書いてます。

「絶対に 慌てないで!」

「絶対に 慌てないで! 続き」 

今回の〈トミーくん〉の脱走、久しぶりに肝を冷やしましたが、思いのほかに早く保護できて、本当にホッとしました。

これから春になって、ベランダ、窓などの開口部を風通し良くすることが多くなりますね。

網戸があっても、破れたり、外れかかっていたりしてませんか?

玄関に、ワンクッションの脱走防止対策は、してありますか?

いろいろ悩んでいる方…多いと思います。

この写真は、みにみゅうスタッフの例ですが、吊っ貼りタイプのベビーガードを、2つ重ねてます。

image

これは、猫が外側に居ますが、飼い主が帰ってきたときや、来客のときに安心ですね。
image

ベビーガードや、犬猫の脱走防止扉は、ホームセンターや、Amazonなどで、いろんなタイプがあります。
賃貸のお宅でも、傷を付けずに設置できるものがありますので、探してみてください。


以前にもブログで詳しく書いてますので、参考までに

「猫は隙を見逃しません」

今年も、あの日が来ました。

image

5年も経ってしまうと、記憶が どんどん薄れてしまいますが…
被災地では、まだまだ苦しんでいる人や、動物たちがたくさんいます。

ブログ管理人は、故郷が福島県なので、ずっとずっと忘れたことがありません。
そして、ずっと応援しています。

今でも、福島第一原発 帰宅困難地域に、残された犬猫たちに、ご飯を届けたり、レスキューしてくれるボランティアがいます。

それでも、現実はどんどん厳しくなって…
雨風を凌げる人の住まなくなった家まで、取り壊しが始まったそうです。

今日だけでも、被災地で命を落とした犬猫たち…
そして今も 必死に頑張っている犬猫たちに、心を寄せてあげてください。

そして、もし自分が災害にあったとき…家族である犬猫たちに何ができるか…考えてください。


私が、応援している被災地の犬猫たちのボランティアさん達です。

福猫舎のブログ
   http://ameblo.jp/311fukunekoya/

さしみ組の仲間たち
   http://ameblo.jp/tiku-fuu-ta/

福猫預かり日誌
   http://fukuneko311.blog.fc2.com

 

このところ、いろいろありまして…ブログ更新が滞っていて、すみません💦💦💦

3月の譲渡会は、諸事情ありまして…
3月27日のみの開催になります。

中央区の譲渡会では、多くの猫たちに、良いご縁があり、里親さんの元へお届け中です。

現在は、まだ譲渡には厳しい猫たちが、家猫修行中であります。
仔猫に至っては、全員が風邪ひき中なので、第4日曜日の27日のみの開催になりました。

近くなったら、参加猫たちも紹介しますので、よろしくお願いします!


image
その後、新しいお家で固まる〈トミーくん〉
キャット引越しセンター💦…まかせて安心…ではありませんでしたね!!!

ちょっと体調も崩してしまいました。
image
〈トミーくん〉早く元気になって!


みなさん、猫の脱走には、くれぐれもご注意ください!!!

このページのトップヘ