「みにみゅう」で、フリーで保護されていた〈ユウ吉くん〉
土曜日の明け方に、虹の橋へ向かいました。

抱っこが、大好きだったので、もっとたくさん抱っこしてあげたかったです。😢

眠るような、穏やかな表情です。
image
〈ユウ吉くん〉15才でした。

仔猫の時に、カラスに襲われているところを保護されましたが…
神経が傷つき、脚を少しひきずることと、クビが少し傾いてしまいました。

そのときの診察では、長生きはできないでしょう…と言われたそうです。

その後、保護されていた場所は、環境が良く無く…
6年前、9才のとき、シェルター〈みゅう〉に、他のネコ 2匹と一緒に やってきました。

3年前〈ユウ吉くん〉を飼ってくれる方が見つかり、しばらくは穏やかな日々でした。

でも、僅か2ヶ月ほどで、飼い主が倒れ…孤独死。
〈ユウ吉くん〉は、ひとりで部屋に取り残されていました。

警察から連絡があったのは、電話の側に「猫のことは、ここに連絡してください」と、代表の電話番号が貼ってあったからです。

そのときは、本当に 電話番号を貼っておいてくれて良かった〜! 
そうでなければ、愛護センターで、殺処分になっていたかもしれません。 

〈ユウ吉くん〉少し不自由な体で、15才まで 良く頑張りました! 
〈ユウ吉くん〉は、穏やかで、他の猫たちからの信望も厚く、特に〈コウヘイくん〉は〈ユウ吉くん〉が大好きだったので、寂しくなりました。

〈ユウ吉くん〉
いろいろあったけど…お疲れさま! 
楽しかったよ! またね! 


昨年の秋から、シェルター「みゅう」から〈ヨンちゃん〉〈フーちゃん〉
image

「みにみゅう」からは、腹膜炎を発症してしまった〈小菊ちゃん〉
image

高齢で、腎不全だった〈アンジェリーナちゃん〉
 image

みんな、虹の橋で、仲間たちを見守ってね!
そして、またいつか 会おうね!
その日まで、さよなら。