一週間前のことです。
T代表の元へ、警察から電話ありました。
「 中央区・・・の S さんをご存知ですか?  部屋で倒れていたので、病院へ搬送されました」

Sさんは、シニアの入り口くらいの年齢の一人暮らしの女性です。

私たちが定期的に、月島区民センターで、開催しているフリーマーケットに来てくれて、
「 何か、猫のボランティアのお手伝いさせてください 」と、申し出てくださいました。

それならと、行き場の無い猫を、預かってもらっていました。 
 Sさんに、預かってもらっていた、ミュウの〈元気〉〈ユウ吉〉
2014-04-03-23-14-42
〈元気〉は、小さい頃から、沢山の猫の中で生活していた為、1匹だと心細いのか、
1ヶ月間、鳴き続けて〈ユウ吉〉と、トレードしました。

2日間、連絡がなく会社を休んだので、会社の方がマンションの管理人さんへ連絡して、
部屋で倒れているのを、発見されました。

Sさんは、両親や兄弟が、早く亡くなり、身寄りがありません。
何かあった時のために、T代表の電話番号を、部屋に貼っておいてもらったので、
警察から、連絡してもらうことができました。

〈ユウ吉〉は警察の方が、新富町の みにみゅう まで届けてくれて、
健康に問題もありません。

その後、代表は病院へ行きましたが、集中治療室で面会もできず、
身内以外には、個人情報のこともあって、詳しいことは教えてくれません。
身内の方が見つかり、落ち着いたら連絡くださいと、伝えておきました。
 
みんなが、Sさんを心配していました。