ブログ ご無沙汰して すいません💦😣

まだ 里親募集中の子たちは居ますが、ほとんどの子猫たちが卒業し、人馴れした大人猫も 卒業していき、ホッとしたやら、寂しいやら…。


中央区は、2020 オリンピックに向けて 再開発が どんどん進んでいます。

その中には、長年 地域で暮らしてきた猫たちの場所が たくさんあります。


今、みにみゅう、公園のネコ、中央区動物推進員たちは、その猫たちの行く末を考える時期になりました。

しかし、長年 外で暮らしてきた猫たちは、ほとんどが 10才前後のシニアです。

保護したいけど、慣れてない猫ばかり…どうするのか?

エイズ、白血病 キャリアだったら どうするのか?

高齢で、譲渡が無理そうなら どうするのか?

全員を保護する場所なんて無い💦

考えることばかりです。

が、しかし 中央区の猫おばさん達は、考えるよりも 体が先に動いてしまうタイプで…


IMG_5003
〈ケイちゃん〉
推定10才 メス
まだ、怖がりで ずっとケージの端っこにいます。



FullSizeRender
〈クロッキーくん〉
推定10才 オス
慣れ慣れですが、再度の血液検査の予定。




FullSizeRender
〈デカくん〉
推定7〜8才 オス
始めは、怒って 猫パンチ…最近は 笑顔を見せてくれるようになりました〜。



こちらは、ちょっと若め
FullSizeRender
〈アメくん〉
推定2〜3才 オス
ブサ可愛 デカ猫…みんなと同じケージは 狭くて無理〜。




FullSizeRender
〈美和ちゃん〉
推定2〜3才 メス
全員 ミケの4姉妹のおかしゃんです。



これからも、再開発地域からの保護猫たち 増えると思います。

そこで、そういうシニア猫たちの「預かりさん」募集中です!

多少 慣れてなくても、自分で 慣らしてみようかな…という方。

慣れなくてもいいし、暖かい寝床と、ゴハンなら あるよ…という方。

シニア猫でも、まだまだ 幸せになって欲しい…という方。



外で 頑張ってきたシニア猫たちに 心を寄せてくださる方を 待っています。