昨日は、少し暗い記事になってしまいましたが、ブログを読んでいる方々に、
伝えなければいけないと、ずっと思っていた事です。

保護活動は、辛い 悲しい現実も多いです。
それでも、また目の前の 命に手を差し伸べてしまいます。

あの日ように後悔したくないから?
可愛い猫達に癒されたいから?

ほんとうのところ、どうしてなのかは、よくわかりません。
理屈ではないのでしょうね。


卒業生の〈チョウ君〉改め〈温(おん)君〉
可愛い写真が、届きました。
2014-06-29-02-20-55
2014-06-18-01-16-17
2014-07-11-14-29-27
いつも、ひっくり返っているそうです。
安心してるので、無防備ですね。😄

「みにみゅう」に、居た頃がこちら・・・。
2014-02-16-13-25-19
この頃は、表情も無く、仔猫なのに、やんちゃなところは、まったくありませんでした。

安心して甘えられる、自分だけの膝ができました。
H さん、これからも末長く、よろしくお願いします!