みにみゅう 猫の飼い主さん募集中 

   
  見つめ合って、ふれあって、強い絆の家族になる!
  中央区の猫ボランティアさんの活動紹介と、飼い主さん募集中の猫ちゃんたちと出会える
  定期開催の「猫のミニミニ譲渡会」紹介サイトです。

カテゴリ: ■ 日々の出来事

日曜日の 譲渡会には、仔猫の参加が無いにも関わらず、たくさんの方が 猫たちに会いに来てくださり、ありがとうございました!

とても良い ご縁があって、それぞれ トライアルが うまくいくことを願います。


中央区では、地域や、近隣の 飼い主のいない猫たちの、去勢・避妊手術を 20年以上 勧めてきた結果、外で暮らす猫たちは、とても少なくなりました。

現在は、区内の高齢者が、入院したり、施設に入ったり、亡くなったり…飼っていた猫たちを 引き受けることが多くなっています。

そんな訳で、今は、3才くらいから10才くらいの大人猫たち、第二の猫生の幸せ探しです。

10才以上の猫たちも たくさんいますが、そういった子たちは、シェルターの保護猫になったり、ボランティアが、永久的に預かります。

高齢猫が多くなり、猫たちの医療費の負担が大きくなっています。

以前より、区民センターでの フリーマーケットで、資金調達していましたが、人手、搬入、設営…などなど、いろいろ難しくなり、今年からは、近くで「ガレージセール」してみよう…ということになりました!

image


場所は「みにみゅう」の お向かいのお家が、ガレージを貸してくださることになりました!
ですので、ほとんど「みにみゅう」と同じ場所です。

image
 お時間ある方、ぜひぜひ 覗いてみてください。
夕方まで やってますので、お仕事帰りでも大丈夫ですよ。


うまくいくようなら、定期的に開催したいと思ってます。

ガレージセールの品物も、いつでも募集していますので、よろしくお願いします。 
 

今年も、3月11日になりました。

image
記憶から、少しづつ薄れてきているのではないかと思います。
その後に、熊本地震もありました。 

個人的に 私が応援している、福島の「福猫舎」さんのブログを 今年も紹介させてください。

想像を絶する現実が、当時 そこにありました。

ショックな事が書いてありますが…無理…と思う方は スルーしてください。

「福猫舎のブログ」

何もできなくていいんです。
私も、何もできません。

でも、忘れないでいてほしいです。

幸せに暮らしていた猫たちが、突然 日常を奪われました。

そして、いつも 心の準備 はしておいたほうがいいと思います。

「東京都 同行避難 について」


みんな、自分は 大丈夫…と思っているかもしれません。
私もそうです。
もしものときのことは、考えておかないといけませね。
 

今日は、東京マラソンです。
とても良い天気に恵まれましたね。

今年からのコースは、ブログ管理人の自宅前を通ります。
ズルして、窓から見ようと思います。😁

外が 賑やかなので、猫たちも興味津々
image

image

カヌーをやってる方々もいました。
image




先週の譲渡会から 一週間…ブログ更新 一回しかできなかったですが…💦

それなりに、いろいろありました。

「中央区 飼い主のいない猫 譲渡会」みにみゅうからの参加猫 予定では6匹でしたが、2匹が 体調不良で欠席…他の参加予定猫も、欠席があり、計3匹の欠席だったので、来場された方には ご心配、ご迷惑おかけしました。

参加猫が、少ないと 感じられたと思います。
仔猫もいない時季で、譲渡対象猫が少ない時季ですから なおさらですね。
 
そんな中でも、参加猫中 半数以上の猫たちに トライアル決定!



トライアルに行った〈チャビくん〉は、お届けした次の日から こんな状態 😄
image
image

〈チャビくん〉は、推定1~2才ですが、突然 地域に 他の猫と一緒に遺棄されました。

人慣れ、健康状態 問題ありません。
どうして 遺棄されたのか いつも思いますが…未だ不明…そんな猫たちは、後を絶ちません。

今、問題になっている「多頭崩壊」
誰にも相談できず…の 結果なのでしょうか…。

元々 地域に居て、お世話されている猫たちは、中央区の場合 殆ど、避妊、去勢手術 済みの証 耳カットされています。

耳カットが無い場合、脱走猫か、捨て猫の可能性が 高いということです。

時々、耳カットしてある猫が、里親募集していることがあります。
地域の猫としてリリース予定でしたが、人慣れしているので 里親募集することになりました…とか、地域の再開発の為 行き場を失ったとか…そういう事情の猫たちです。

厳しい環境で、頑張ってきた猫たちです。
そんな 耳カットの猫たちも 気にされず、心を寄せてくださる方々も 増えてきて嬉しい限りです。


話が 逸れてしまいましたが…

地域に「耳カットがされていない 見たことない猫がいます」と 報告が 相次いでます。

「みにみゅう」シェルターの空き…を どこかで見てる???

仔猫のシーズンまでは、ちょっと ゆっくりできるかな…?
と思ったのも つかの間…保護されてくる猫たちは 後を絶ちません。

しかし、仔猫でも、大人猫でも、高齢猫でも…厳しい状況の猫がいることを、知ってしまったら、ほっておけない「みにみゅう」です。

地域に突然現れた キジの女の子〈ガガちゃん〉は、飼い主がお迎えに来てくれて、帰っていきました。

本当の名前は〈あずきちゃん〉だそうです。

もう二度と脱走は無いよう、厳重注意をお願いしました。



そして、3時間後に やってきました。

〈ガガちゃん〉と同じ キジの女の子…結果、プラマイゼロです😑
image
〈なるみちゃん〉推定3才くらい。
高齢のご夫婦が、両方ともに入院されて、退院の目処が立たず、新たな猫生を探すことになりました。

〈なるみちゃん〉とても可愛がられていたのでしょう。
撫でると、前足で フミフミ 嬉しそうです。

入院してる お父ちゃん、お母ちゃん が 安心できるよう、幸せの道を探そう!


そして そして、さらに…ニューフェイスが…

ケージに入れられて…ぶんむくれ
image


ここどこですか…?
image

詳しくは、近日公開

みんな…幸せ目指し 家猫修行…がんばろう!!! 
 

今は、仔猫が ほとんどいなくて「みにみゅう」のシェルターも、ちょっとだけホッとできる時季です。

それでも、毎日毎日のお掃除、猫たちのご飯、病気の猫たちの対処、捨て猫などの保護…
譲渡会が無いときでも「みにみゅう」の活動はエンドレスです。

最近の 嬉しい出来事

昨年秋に、中央区保健所の依頼で 保護した〈ヤマちゃん〉
image
年齢不詳の男の子(おっさん…?)
まあ…若くはないでしょう💦

毎日毎日…「メシ くれ〜〜」と叫びます。

おかげで、とてもふっくらして、かわいくなりました。


ビフォーの写真が こちら…
image
やつれてますね〜。
背骨ゴツゴツで、毛並みバサバサ。

保護後…3日間 食べ続け、3日間 吐き続けました。
何があったのか わかりませんが、飼い猫は 自分で ご飯を確保することができません。

どうか みなさま、飼い猫の脱走には、くれぐれも ご注意 お願いします!



そして、飼い主 見つかりました!

先日、ニューフェイスとして紹介した〈ガガちゃん〉
飼い主さんから 電話がありました!
image
「ウチの猫です」と…ずっと 探していたとか…
避妊手術してあったので、飼い猫かな…とは思っていましたが…

「痩せましたね」と言ってましたが、2ヶ月くらい前に脱走したようで…
だから、飼い猫は 自分で ご飯 確保できないんですってば!

ブログで、見たそうです。
よくぞ見つけてくれて…本当に良かった!

これからは、くれぐれも気をつけてください!


迷い猫や、捨て猫は、後を絶たず エンドレスです!
 

このページのトップヘ