みにみゅう 猫の飼い主さん募集中 

   
  見つめ合って、ふれあって、強い絆の家族になる!
  中央区の猫ボランティアさんの活動紹介と、飼い主さん募集中の猫ちゃんたちと出会える
  定期開催の「猫のミニミニ譲渡会」紹介サイトです。

タグ:一人暮らしと猫

昨日の記事の、続きです。

Sさんが、病院へ緊急搬送された、次の日の午後、Sさんの、遠い親族の方から、
代表に、ようやく連絡がありました。 

残念ながら、搬送された次の日午前中、 Sさんは亡くなりました。

Sさんは、明るい人でしたが、遠慮がちで・・・
〈ユウ吉〉が小食で心配とか・・・そのくらいの話はしましたが、もっと自分の体調の事とか、
いろいろ話をしていたら、何か気がついたかもしれない・・・
みんなが悔やみました。


2月の終わり頃の記事です。

人知れず、入院中だった白血病の モミジちゃん が旅立ちました。
わずか、7ヶ月ほどの生涯でした。

モミジちゃんは、昨年秋、3ヶ月くらいのときに、公園で油まみれになっていたところを、
個人ボランティアの Nさんに保護されて、「みにみゅう」に来ました。

油を洗い落としてもらい、検査したところ、白血病キャリアと判明。
預かりを引受けてくれた  Sさん のところでは、お転婆ぶりを発揮して、
元気だったのですが・・・1ヶ月ほど前に、白血病を発症して、入院。

Sさんは、1ヶ月間、毎日のように、病院に会いに来てくれました。
モミジちゃんとの暮らしは、とっても楽しかったそうです。
モミジちゃんも、きっと同じ気持ちのはずです。

Sさん モミジちゃん をありがとうございました。
そして、モミジちゃん ありがとう 、また逢おうネ。
 画像1
モミジちゃんを、預かってくれたのも Sさんでした。

Sさんのことが、大好きだった モミジちゃん・・・
モミジちゃんのことが、大好きだった Sさん・・・

虹の橋で、逢えましたか?
もう、ずっと一緒ですね。

画像1


Sさん、ほんとうに、ほんとうに ありがとうございました。
みんな、Sさんのことは、忘れません。
心より、ご冥福をお祈りします。


⭐️ブログを読んでくださっている方々へ
もし、貴方に何かあったとき、お家の猫のこと・・・きちんと、考えていますか?
サポートしてくれる人はいますか?

一人暮らしでなくても、自分に何かあったときのこと、考えておいてください。
Sさんのことは、けっして他人事ではないと思います。

一週間前のことです。
T代表の元へ、警察から電話ありました。
「 中央区・・・の S さんをご存知ですか?  部屋で倒れていたので、病院へ搬送されました」

Sさんは、シニアの入り口くらいの年齢の一人暮らしの女性です。

私たちが定期的に、月島区民センターで、開催しているフリーマーケットに来てくれて、
「 何か、猫のボランティアのお手伝いさせてください 」と、申し出てくださいました。

それならと、行き場の無い猫を、預かってもらっていました。 
 Sさんに、預かってもらっていた、ミュウの〈元気〉〈ユウ吉〉
2014-04-03-23-14-42
〈元気〉は、小さい頃から、沢山の猫の中で生活していた為、1匹だと心細いのか、
1ヶ月間、鳴き続けて〈ユウ吉〉と、トレードしました。

2日間、連絡がなく会社を休んだので、会社の方がマンションの管理人さんへ連絡して、
部屋で倒れているのを、発見されました。

Sさんは、両親や兄弟が、早く亡くなり、身寄りがありません。
何かあった時のために、T代表の電話番号を、部屋に貼っておいてもらったので、
警察から、連絡してもらうことができました。

〈ユウ吉〉は警察の方が、新富町の みにみゅう まで届けてくれて、
健康に問題もありません。

その後、代表は病院へ行きましたが、集中治療室で面会もできず、
身内以外には、個人情報のこともあって、詳しいことは教えてくれません。
身内の方が見つかり、落ち着いたら連絡くださいと、伝えておきました。
 
みんなが、Sさんを心配していました。 

このページのトップヘ