みにみゅう 猫の飼い主さん募集中 

   
  見つめ合って、ふれあって、強い絆の家族になる!
  中央区の猫ボランティアさんの活動紹介と、飼い主さん募集中の猫ちゃんたちと出会える
  定期開催の「猫の譲渡会」紹介サイトです。

タグ:里親募集中

台風が来てますが、明日の朝が心配。。。
そして、こんな日は、本当に外の猫達が可哀想です。

〈ダイト君〉改め〈お茶太郎君〉
遊び疲れて、爪とぎの上で行き倒れ。
2014-06-14-23-21-11

猫は、どんどん上に行きたがる!
2014-07-09-09-29-02

無防備な、寝姿・・・癒される〜〜☺️
2014-06-20-23-15-04
〈お茶太郎君〉ちびっ子ギャングですが、これからもよろしくお願いします!


★譲渡会はお休みしてますが、里親募集中です。
2014-06-20-23-52-47
仮 名 :チャコちゃん
毛並み :茶シロ
性 別 :メス
年 齢 :10ヶ月くらい
ワクチン:済
猫エイズ:陰性
白血病 :陰性
避妊手術:済

特 徴:地域のTNR活動で保護しました。
人が大好きな、陽気な子ですが、抱っこは好きではありません。
ご飯をねだる時と、移動の時に、少し声が大きいかも。。。
いつも、人のそばにいたい子です。

★お問い合わせは、代表への電話 又は 「みにみゅう」へのメールでお願いします。
編集

アリサちゃん  里親さんが決まりました画像1

サビ猫姉妹 〈ミカサちゃん と アリサちゃん 〉
2匹共に 8ヵ月くらい
エイズ 白血 共に陰性


画像1

実は、ミカサちゃん (顔の黒い方)昨年11月、大きな譲渡会に参加した時に、
外人のご夫妻の里親が内定していました。
しかし、ご夫妻は、お互いの母国と、日本を行き来する事が多く、
まだ生活基盤が安定しないので…と、キャンセルされてしまいました。😔

改めて、里親募集します。
おチャッピーで、活発な ミカサちゃん とても楽しい子です。😸



画像1

 アリサちゃん  里親さんが決まりました
アリサちゃん はシャイでおとなしい子です。
まだ少し怖がりですが、気長に向き合ってあげてください。😺

2匹は、とっても仲良し姉妹。
姉妹一緒でも、別々でも大丈夫。サビ姉妹をよろしくお願いします。‼︎ 
編集

画像1画像1


キジ白  オス 4ヵ月
エイズ 陽性    白血 陰性

1月12日「ミニミニ譲渡会」参加します。

「スーパーゴロゴロにゃんこ」ですが、
ボクは、エイズキャリア猫です。
おそらく、お母さんからの母体感染と思います。
「猫エイズ」と聞くと、多くの方がショックを受けると 思いますが、
ウイルスは、全然怖いものではありません。😺
口内炎や、風邪をひきやすいという程度に考えてください。
他の猫への感染力も、強くありません。
一度は家族が決まりかけたのですが、良く理解して貰えませんでした。
ほとんど、天寿をまっとうするのです。
ボクの事をわかってくれる、優しい家族を待っています。♥️


 明日は、今年最初の「猫のミニミニ譲渡会」です!!!
 狭い場所なので、あまり告知もしていません。
 猫好きな方、猫の話をしたい方、気軽に遊びに来てください。😸
 
編集

2匹は、同じ餌やり現場で、ご飯を貰っていましたが、避妊手術をしようとしない餌やり。
避妊手術だけでも と思い、キャリーバッグを持参。
2匹共に「連れて行ってくださいな♥️」と ばかりに自分から入ってくれました。

ピンちゃんは、誰れでも抱っこできる慣れ慣れ猫。😸
パンちゃんは、シャイでおとなしい家ネコ修行中。🐱

2匹共に、優しい家族を待っています。 
 一緒に保護されたポンちゃんは、昨年末の「猫のミニミニ譲渡会」で、家族が決まり、
17日より、トライアル予定です。😺
ガンバレ‼︎  ピン  ポン  パン❗️
083788ba-1

ピンちゃん
キジ メス 8ヵ月            
エイズ 白血 共陰性
083788ba-2 























パンちゃん
白黒 メス 8ヵ月
エイズ 白血 共陰性
689b0771-s 























ひと足お先に、
家ネコになります。
ポンちゃん 
編集

画像1
画像1

白キジ メス 4ヵ月
エイズ 白血 共陰性

1月12日「ミニミニ譲渡会」に参加します。

不衛生な餌やり現場で、自転車のカゴで寝ていました。
風邪で目も鼻もグチャグチャ。
病院での治療も長くかかってしまいましたが、元気になってくれました。
まだ少し怖がりですが、抱っこすると、ゴロゴロしてくれます。
兄弟のサム君は、ひと足先に里親さんが決まりました。
次は、アムちゃんだね♥️ 


 
😊  スタッフのひと言

1月3日にお尻から血を出していた、スタッフUの猫の続報。 
(1月3日の記事)
原因は肛門線の破裂と、膀胱炎を同時に発症していました。😰
肛門線は、ボールペン直径くらいの穴が…😱
もっと早く気が付いてあげれば… 反省しています。
肛門線は、犬だけでなく猫も気をつけてあげてください。
画像1
 
編集

このページのトップヘ